PickUp! Society Report

Vol.1 40周年記念フォーラムレポート

Report of the Society for the Study of Japonisme 40th Anniversary Forum


本学会は2020年に創立40周年を迎えました。その記念事業としてフォーラム「ジャポニスム研究の可能性:歴史と現在」をオンライン(2部構成)で開催しました。ジャポニスムと呼ばれているものやことに対して日本がどのように関わってきたのかを振り返り、ジャポニスムをめぐる言説や研究がどのように展開してきたのかを、そしてその現在地点を、4つの視点−<ジャポニスム研究の系譜①:近代美術史学におけるジャポニスム研究>、<ジャポニスム研究の系譜②:学際的研究領域としてのジャポニスム研究>、<ジャポニスム言説の越境と日本:他者としての自己像>、<ジャポニスム研究のこれからと可能性>−から検証しました。(詳細は活動ページを参照ください。)

第1部では13名による研究発表を、日英両言語で作成された動画として、学会ホームページ内に設置した特設サイトで一ヶ月間公開しました。第2部は、第1部の発表内容を踏まえた4セッションのパネル討論として、同時通訳付き(日英)のズーム会議として開催しました。特設サイトへのアクセス申込者は300名を超え、ズーム会議の参加者は130名でした。日本国外からの参加者も多く、特設サイトは時差に関係なく好きな時間に視聴できるために、日本と大きな時差のある地域からの参加が可能となりました。ズーム上のパネル討論も、ヨーロッパからの参加が可能な時間帯でしたので、ドイツやイギリスで活躍しているジャポニスム研究者との意見交換がリアルタイムで実現しました。

コロナ禍のオンライン開催となりましたが、日本を拠点とするジャポニスム学会がグローバルに研究を発信していく意義とその重要性を明確に再確認することができたイベントとなりました。目下、この成果を論文集として刊行する企画を進めております。ご参加して下さったみなさま、どうもありがとうございました。そして助成を賜りました公益財団法人石橋財団に心よりお礼申し上げます。

 

The Society celebrated its 40th anniversary in 2020 with a scholarly forum titled ‘Japonisme as a Field of Study: Past, Present, and Future Possibilities,’ held online in February and March 2021.

The Forum reflected upon how the discourse & research on Japonisme has evolved, and how Japan has been involved in what is termed Japonisme. The discussion was divided into four themes: ‘The Genealogy of Japonisme (1): Japonisme as a Field of Study in Modern Art History,’ ‘The Genealogy of Japonisme (2): Japonisme as an Interdisciplinary Field of Study,’ ‘The Discourse of Japonisme and Japan: Self Image as the Other,’ and ‘The Present, Future, and Possibility of Japonisme Studies.’

Part One of the forum comprised of 13 individual presentations, which were released in video form via the Society’s homepage, in Japanese and English versions. Part Two of the forum was held in a Zoom-conference format on 21 February as a series of four panel discussions. These discussions reflected the contents of the first part of the forum, allowing issues and relevant concerns to be probed in further depth.

The Part One special-access site attracted more than 300 participants, and about 130 scholars and students attended the Part Two Zoom-conference. Thanks to the online format, many participated from outside Japan, and for the Zoom meeting, time difference allowed real-time participation from European countries, including France, Germany, and the UK.

The Society expresses our sincere gratitude to the Ishibashi Foundation for its support of this initiative.