ジャポニスム学会の毎年の活動は、年回の総会(講演会同時開催)、年数回の例会と見学会、年1回の会報を中心としています。秋には、公益財団法人畠山文化財団との共催でシンポジウムを開催します。以下に最近のニュースと活動内容を掲載します。

 

2017年度 第3回例会のご案内

日 時:2017年7月8日(土) 14:00−16:00
場 所:拓殖大学文京キャンパス(地図)E館8階 E806教室

研究発表:   
・トゥーレン・サスキア(文化学園大学大学院、生活環境学研究科博士後期課程)
 「言説分析による三越のアール・ヌーヴォー振興」
・サワシュ晃子(服飾史家)
「英国人ファッションデザイナー、ルシルのデザインにおけるキモノの影響と日本物演劇について」

 

2017年度 第2回例会のご案内 (要 事前申込み)

日 時:2017年5月27日(土)13:30~16:30

会 場:横浜美術館レクチャーホール http://yokohama.art.museum/

シンポジウム「ファッションとアートにみる東西交流の様相」(横浜美術館と共催)

 ■ 基調講演「ファッションとしてのジャポニスム」

   深井晃子(京都服飾文化研究財団理事/名誉キュレーター)

 ■ 発表

   1.「ジャポニスムの広がりー19世紀末から20世紀の工芸・装飾美術・生活芸術」

            岡部昌幸(帝京大学教授)

   2.「輸出された室内着」周防珠実(京都服飾文化研究財団キュレーター)

   3.「日本画に描かれた洋風ファッション」内山淳子(横浜美術館主任学芸員)

               モデレーター:沼田英子(横浜美術館主席学芸員)

★シンポジウム参加者(定員30名)は、開催中の「ファッションとアート:麗しき東西交流展」を見学することができます。参加ご希望の方は、4月28日(金)までに学会事務局までメールあるいは電話でお申込みください。当日の12:30から美術館の正面入口付近にジャポニスム学会専用受付を設け、学会の担当者が整理券を配布いたしますので、必ずお立寄りください。

 

2017年度 第1回例会のご案内 (要 事前申込み)

日程:2017年4月7日 (金) 17:00~20:00(閉館)

★参加者(定員20名)は、16:45までに美術館中庭口エントランスにご集合ください。

会場:三菱一号館美術館 http://mimt.jp/

      東京都千代田区丸の内2-6-2(JR東京・有楽町駅ほか、東京メトロの各駅も利用可能)

内容:開催中の「オルセーのナビ派展」見学

★参加ご希望の方は、3月20日(月祝)までに、ジャポニスム学会事務局までメール

あるいは電話でお申込みください。

 

 第37回ジャポニスム学会総会および記念講演会   

 2017年2月18日  会場:拓殖大学C館1階C101教室  

   12:30~    受付開始

   13:00~13:40 総会

   13:40~14:15 休憩

   14:15~15:30 学会賞受賞者・金子美都子氏の講演

     「20世紀の新しい表現法――フランスの日本詩歌 [ハイカイ] 運動                 

                Un mouvement japonisant : le Haïkaï français 」

   15:30~15:45 休憩

   15:45~17:00 奨励賞受賞者・山塙菜未氏の講演

     「明治期博覧会における園芸振興と日本植物ブーム」(仮)

 

 

 

 

 

 
過去の活動記録
        2016年 
2015年  2014年  2013年  2012年   2011年
2010年  2009年  2008年  2007年  2006年 
2005年  2004年 2003年  2002年  2001年