ジャポニスム学会では年に 2,3 回、会員(正会員・学生会員)による研究発表例会を開催して
おり、その発表者を随時募集しています。発表を希望される方は、氏名、連絡先(メールアドレス
等)、題名(仮題も可)、レジュメ(日本語 1000 字程度、もしくは英語 2000 字程度)、希望発表時
期を記し、下記事務局までメール・FAX・郵便のいずれかにてご提出ください。採択については理
事会で審議します。

〒160-0007
東京都新宿区荒木町 5-14 ネオ荒木町ビル2F
(株)ワールドミーティング内 ジャポニスム学会
Tel. +81-3-3350-0363
Fax:03-3341-1830
E-mail: japonisme@world-meeting.co.jp

 

 

ジャポニスム学会国際シンポジウム2019「人の移動とジャポニスム」発表公募

 

ジャポニスム学会は、国立西洋美術館および公益財団法人荏原 畠山記念文化財団とともに、ジャポニスム学会国際シンポジウムを開催する運びとなりました。

テーマを「人の移動とジャポニスム」として、さまざまな角度からジャポニスムの現象を検証することを目指します。

19世紀半ばの開国と同時に、外交官、お雇い外国人、商人、観光客が日本を訪れ、街並みや風習、職人技や出会いの経験を日記や書簡に記し、工芸品を持ち帰りました。

一方、日本から欧米へも、ビジネスや興行、留学や移住を目的とした多様な人の移動があり、彼らは他者の表象となりました。地球上のさまざまな場所で交差したこれらの人の移動は、どのようにジャポニスムの原動力となったのでしょうか。美術品などの物の移動から視点を変えて、人の移動を再検討することで、近代から現代に至るジャポニスムの多種多様な新たな意味を理解することができるでしょう。

2019年のジャポニスム学会国際シンポジウムは、旅と移動がもたらしたジャポニスムに関する研究と議論を掘り下げようとするものです。

「観光」「留学」「外交」「商取引」「興行」「移民」「他者」「エージェンシー」など意欲的・実験的なテーマの発表の応募を期待します。

日時:2019年10月5日(土)

会場:国立西洋美術館

主催:ジャポニスム学会/国立西洋美術館/公益財団法人 荏原 畠山記念文化財団

発表使用言語:日本語または英語(日英同時通訳配置予定)

応募資格:ジャポニスム学会員であること。

現在会員でない方は応募と同時に入会申込手続き(学会ホームページ入会案内参照)をしてください。

理事会で入会審査を行なった後、発表申込を受け付けます。

研究発表(20分間予定)希望者は、発表内容の要旨を1200字前後(A4判 1枚、英文も同様)にまとめ、メールに添付して2019年5月10日までに下記学会事務局にご提出ください。査読の上、7月下旬を目途に採否を理事会で決定し、通知します。

また、発表が決定した場合、同時通訳に使うため発表原稿を9月28日(土)までに提出する義務を負っていただきます。

問い合わせ・応募書類送付先:

ジャポニスム学会事務局