過去の受賞者一覧(ジャポニスム学会賞)

「ジャポニスム 学会賞」  

  年 度 受賞者 受 賞 業 績 題 名
第37回 2016年 金子美都子 著書『フランス二〇世紀詩と俳句ージャポニスムから前衛へ』 平凡社 2015年
第36回 2015年 南明日香 著書 『国境を越えた日本美術史 ジャポニスムからジャポノロジーへの交流誌1880-1920』藤原書店、2015年
第35回 2014年 Ricard Bru Turull (リカル・ブル・トゥルイ) 著書『エロティック・ジャポニスム:西洋美術における日本の性的画像の影響』
  (英文) Erotic Japonisme ;The Influence of Japanese Sexual Imagery on Western Art. Leiden: Hotei Publishing , 2013.
第34回 2013年 廣瀬 緑 著書『アール・ヌーヴォーのデザイナー M. P. ヴェルヌイユと日 本』クレオ、2013年3月25日
第33回 2012年 今井 朋 展覧会図録 Un Gout d’Extreme-Orient. Collection Charles Cartier-Bresson (Juin, 2011)に収録された論文≪Un Gout d’ Extreme-Orient, un regard de collectionneur de la fin du XIXe siecle ≫ および図録編纂
第32回 2011年 マヌエラ・モスカティエッロ 『ジョゼッペ・デ・ニッティスのジャポニスム、19世紀末のフランスで活躍したイタリア人画家』( Le Japonisme de Giuseppe De Nittis, Un peintre italien en France a la fin du XIXe siècle, Peter Lang, Bern, 2011 )
第31回 2010年 柴田 依子 『俳句のジャポニスム クーシューと日仏文化交流』 (角川学芸出版、2010年3月10日発行)
第30回 2009年 土田 ルリ子 「ガレとジャポニスム」 展、展覧会企画、同展図録編集および掲載論文「ガレが見た日本の美意識」
第29回 2008年 宮崎 克己 『西洋絵画の到来 日本人を魅了したモネ、ルノワール、セザンヌなど』( 日本経済新聞出版社)
第28回 2007年 岡部 昌幸 「ジャポニスムのテーブルウエア-西洋の食卓を彩った“日本”-」 展の企画および同展図録掲載論文「ジャポニスムのテーブルウエア-19世紀末、欧米の食卓を彩った日本の美意識」
第27回 2006年 鈴木 禎宏 『バーナード・リーチの生涯と芸術』(ミネルヴァ書房)
第26回 2005年 クラウディア・ デランク 『ドイツにおける日本= 像』( 思文閣出版)
羽田 美也子 『ジャポニズム小説の世界』(彩流社)
第25回 2004年 小野 文子 Ayako Ono, Japonisme in Britain: Whistler, Menpes, Henry, Hornel and Nineteenth-Century Japan, Routledge Curzon, 2003.
第24回 2003年 松村 恵理 『壁紙のジャポニスム』(思文閣出版)
第23回 2002年 小山 ブリジット Burigitte Koyama-Richard, 'Japon Rêvé – Edmond de Goncourt et Hayashi Tadamasa', Paris:Hermann.2001 Burigitte Koyama-Richard, Japon Rêvé – Edmond de Goncourt et Hayashi Tadamasa, Paris:Hermann, 2001
第22回 2001年 隠岐 由紀子 「ギュスターヴ・モローと仏教芸術」(『ジャポニスム研究』第20号)
第21回 2000年 高木 陽子 Yoko Takagi, '”Le Japonisme et les livres ornementés à la fin du dix-neuvième siécle en Belgique. 1ère partie: Découverte de l'art du livre japonais et Max Elskamp. 2e partie: Réaction artistique de H. van de Velde, G. Lemmen, F. Khnopff et Th. van Rysselberghe”, Le Livre et l'estampe, Revue de la Société royale des Bibliophiles et Iconophiles de Belgique, XXXXV, 1999 no.151.
第20回 1999年 クリストフ・マルケ 『Ebisu』1998年冬期特別号パリ市立チェルヌスキ美術館100周年記念シンポジウム報告書「H.チェルヌスキ(1821-1890)その政治・経済活動と東洋美術蒐集」の 編集・ 出版
鈴木 弘子 (筆名 桂木紫穂) 「[画商の使徒]テオ・ファン・ゴッホとカミーユ・ピサロ」(『 印象派から20 世紀への絵画名品展』図録所収)
特別賞   深井 晃子 「モードのジャポニスム展」(ロサンゼルス・ニューヨーク)の企画
第19回 1998年 馬渕 明子 『ジャポニスム- 幻想の日本 』(ブリュッケ)
第18回 1997年 審査行われず  

 

「ジャポネズリー研究学会賞」

 

  年 度 受賞者 受 賞 業 績 題 名
第17回 1996年 審査行われず  
第16回 1995年 審査行われず  
第15回 1994年 審査行われず  
第14回 1993年 審査行われず  
第13回 1992年 審査行われず  
第12回 1991年 渡辺 俊夫 Toshio Watanabe, High Victorian Japonisme, Peter Lang, 1991.
第11回 1990年 該当者なし  
第10回 1989年 該当者なし  
第 9回 1988年 三浦 篤 「サロンにおける 日本趣味(ジャポニスム)1850年~1880年のパリのサロンに発表された日本を 題材とする絵画作品に関する研究 -(『美術史論叢』4号)
第 8回 1987年 該当者なし  
第 7回 1986年 谷田 博幸 Hiroyuki Tanita, 'W.M. Rossetti's "Hoxai" [Hokusai]',The Journal of Pre-Raphaelite Studies, vol.VI no.1. 「英国における日本趣味(ジャパニズム)の形成に関する序論 1851-1862」『 比較文学年誌』22号
特別賞 1986年 猪瀬 直樹 『ミカドの肖像』( 小学館)
第 6回 1985年 宮島 久雄 「サミュエル・ビングと日本」(『 国立国際美術館 紀要』1 号 )
近藤 映子 「パリ国立図書館蔵未発表摺物アルバム三巻について」(『 浮世絵芸術 』80-82 号)
第 5回 1984年 三輪 英夫 『久米桂一郎素描集』(日動出版)、『方眼美術論』( 中央公論美術出版)の執筆・編集
第 4回 1983年 該当者なし  
特別賞 1983年 ジークフリート・ ヴィッヒマン Siegfried Wichmann, Japonismus: Ostasien-Europa Begegnungen in der Kunst des 19. und 20. Jahrhunderts, Schuler Verlagsgesellschaft Herrsching, 1980.
第 3回 1982年 鶴園 紫磯子 「近代フランス音楽にあらわれたオリエントと日本」(『ジャポネズリー研究学会 会報』2 号)
第 2回 1981年 定塚 武敏 『海を渡る浮世絵』(美術公論社)
ジョヴァンニ・ ペテルノッリ 「1800年代のフランスにおける北斎評価の変遷」(『浮世絵芸術』58号)、「エドモン・ド・ゴンクール宛の林忠正未刊書簡について」(『浮世絵芸術』62・63号)
第 1回 1980年 大森 達次 「浮世絵と印象派展」(東京・ 大阪・ 福岡)カタログ編集・執筆
稲賀 繁美 同上