ジャポニスム学会賞は、会員による優れた業績を顕彰するとともに、ジャポニスム研究が一層拡大し、広く一般に浸透することを期待して1980年に設定され、これまでに多くの研究者の方々が受賞されました。また、2013年に、今後の活躍が期待される研究者の活動を奨励することを目的としてジャポニスム学会奨励賞が、またジャポニスムあるいは日本と海外との文化交流を主題にした優れた展覧会を顕彰するためにジャポニスム学会展覧会賞が創設されました。
ここ数年、ジャポニスム学会賞とジャポニスム学会奨励賞の授賞式を秋に行い、受賞者による記念講演会を春に行うことが慣例化しています。