ジャポニスム学会賞は、会員による優れた業績を顕彰するとともに、ジャポニスム研究が一層拡大し、広く一般に浸透することを期待して1980年に設定され、これまでに多くの研究者の方々が受賞されました。ここ数年は、秋に授賞式を行い、春に受賞者による記念講演会を行うことが慣例化しています。

ジャポニスム学会展覧会賞の創設について
ジャポニスム学会は、ジャポニスムあるいは日本と海外との文化交流を主題にした優れた展覧会を顕彰するために「ジャポニスム学会展覧会賞」を創設します(2013年度より実施)。

 

第38回ジャポニスム学会賞並びに第5回ジャポニスム学会奨励賞決定のお知らせ

ジャポニスム学会(会長・馬渕明子)は、第38回ジャポニスム学会賞および第5回ジャポニスム学会奨励賞を下記の業績に対して贈ることに決定いたしました。

第38回ジャポニスム学会賞 

受 賞 者 : 今井祐子氏

対象業績 : 著書 『陶芸のジャポニスム』 名古屋大学出版会、2016年

第5回ジャポニスム学会奨励賞 

受 賞 者 : 粂和沙 氏  

対象業績 : 著書『美と大衆-ジャポニスムとイギリスの女性たち』日本女子大学叢書18、ブリュッケ、2016年                        

受 賞 者 :寺本敬子氏  

対象業績 : 寺本敬子 著書『パリ万国博覧会とジャポニスムの誕生』 思文閣出版、2017年

※授賞式は11月25日~26日の畠山公開シンポジウムの時に行われます。畠山公開シンポジウムに関しては活動の頁をご覧下さい。

学会賞授賞式は11月26日(日)コーヒーブレイク(14:35~15:00)、奨励賞授賞式は11月25日(土)レセプション(17:00~)で行います。皆様のご参加をお待ち致します。

 

2017年5月13日、第5回ジャポニスム学会展覧会賞決定

受賞展覧会は以下の二つです。

①「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 Émile Gallé-Nature and Symbol」

  監修:池田まゆみ

東京展   会場:東京都庭園美術館

会期:2016年1月16日-4月10日

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、東京新聞

宇都宮展   会場: 宇都宮美術館

会期:2016年4月24日-6月5日

主催:宇都宮美術館、東京新聞

 

②「没後100年 宮川香山」

東京展   会場:サントリー美術館

会期:2016年2月24日-4月17日

主催:サントリー美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社

大阪展   会場:大阪市立東洋陶磁美術館

会期:2016年4月29日-7月31日

主催:大阪市立東洋陶磁美術館、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、朝日新聞社

愛知展   会場:瀬戸市美術館

会期:2016年10月1日-11月27日

主催:瀬戸市美術館、公益財団法人瀬戸市文化振興財団、NHK名古屋放送局、NHKプラネット中部、中日新聞社

 

第37回ジャポニスム学会賞並びに第4回ジャポニスム学会奨励賞決定のお知らせ

ジャポニスム学会(会長:馬渕明子)は、第37回ジャポニスム学会賞及び第4回ジャポニスム学会奨励賞を下記の業績に対して贈ることに決定いたしました。

第37回ジャポニスム学会賞 受賞者:金子美都子氏

対象業績:著書『フランス二〇世紀詩と俳句ージャポニスムから前衛へ』 平凡社 2015年

第4回ジャポニスム学会奨励賞 受賞者:山塙菜未氏

対象業績:論文「明治期博覧会における園芸振興と日本植物ブーム」『近代画説』第23号 2014年12月

*なお本賞の授賞式は10月21日(金曜日)第6回畠山公開シンポジウム第1日目(会場:帝京大学霞が関キャンパス)の終了後に行われます。受賞者による記念講演会の日程は決まり次第ジャポニスム学会のHPでお知らせします。

2016年5月8日、第4回ジャポニスム学会展覧会賞決定

受賞展覧会は以下の二つです。

「画鬼・暁斎 KYOSAI-幕末のスター絵師と弟子コンドル展」
会場・会期・主催者:
三菱一号館美術館 (2015年6月27日〜9月6日)
主催:三菱一号館美術館
公益財団法人河鍋暁斎記念美術館
共催:株式会社テレビ朝日
監修:河鍋楠美

「ビアズリーと日本展」
会場・会期・主催者:
宇都宮美術館 (2015年12月6日〜1月31日)
主催:宇都宮美術館

滋賀県立近代美術館 (2016年2月6日〜3月27日)
主催:滋賀県立近代美術館、京都新聞、BBCびわ湖放送

新潟県立万代島美術館 (2016年4月29日〜6月26日)
主催:新潟県立万代島美術館、新潟日報社、N S T

石川県立美術館 (2016年7月23日〜8月28日)
主催:石川県立美術館、北陸中日新聞社、石川テレビ放送

監修:河村錠一郎

2015年10月8日、第36回ジャポニスム学会賞及び第3回ジャポニスム学会奨励賞が決定しました。

ジャポニスム学会(会長・馬渕明子)は、第36回ジャポニスム学会賞及びジャポニスム学会奨励賞を下記の業績に対して贈呈することに決定いたしました。

第36回ジャポニスム学会賞

受 賞 者    : 南明日香氏 

対象業績 : 著書 『国境を越えた日本美術史 ジャポニスムからジャポノロジーへの交流誌1880−1920』藤原書店、2015年

*受賞対象となった『国境を超えた日本美術史 ジャポニスムからジャポノロジーへの交流誌1880-1920』は、JSPS科研費・基盤研究C(美学・美術史)21520111及び24520119の助成による研究成果である。

第3回 ジャポニスム学会奨励賞

サワシュ晃子 氏

「20世紀初頭の英国における日本製輸出キモノの流通と日英業者の相互交渉について」『意匠学会会誌 デザイン理論 65号』2014年

 

2015年4月19日、第3回ジャポニスム学会展覧会賞が決定しました。

ジャポニスム学会(会長・馬渕明子)は、第3回ジャポニスム学会展覧会賞を下記の業績に対して贈呈することに決定いたしました。

受賞展覧会:「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」

        :「ホイッスラー展」 

「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」

世田谷美術館  (2014年6月28日 - 9月15日) 
主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
   ボストン美術館、NHK、NHKプロモーション

京都市美術館  (2014年9月30日 - 11月30日)
主催:京都市美術館(京都市)、ボストン美術館、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞

名古屋ボストン美術館  (2015年1月2日 - 5月10日)
主催:名古屋ボストン美術館、ボストン美術館、NHK名古屋放送局
共催:中日新聞社

展示作品概要:ボストン美術館の所蔵品の絵画、版画、素描、写真、工芸等 約150点
図録編集:遠藤望(世田谷美術館)、加藤絢(同)、尾崎眞人(京都市美術館)、後藤結美子(同)、井上瞳(名古屋ボストン美術館)、鏡味千佳(同)、NHK、NHKプロモーション

 

「ホイッスラー展」

京都国立近代美術館 (2014年9月13日 - 11月16日) 
主催:京都国立近代美術館、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞

横浜美術館  (2014年12月6日 - 2015年3月1日)
主催:横浜美術館、NHK、NHKプロモーション

展示作品概要:油彩、水彩、版画など約130点

監修・企画構成:小野文子(信州大学)

制作・運営:池田祐子(京都国立近代美術館)、内山淳子(横浜美術館)、片多祐子(同)、沼田英子(同)

2014年度、第35回ジャポニスム学会賞と第2回奨励賞決定 

第35回(2014年度)ジャポニスム学会賞

 受 賞 者 : Ricard Bru Turull (リカル・ブル・トゥルイ)氏
 対象業績 : 著書『エロティック・ジャポニスム:西洋美術における日本の性的画像の影響』
(英文) Erotic Japonisme ;The Influence of Japanese Sexual Imagery on Western Art. Leiden: Hotei Publishing , 2013

第2回(2014年度)ジャポニスム学会奨励賞

 受 賞 者 :安永麻里絵 氏
 対象業績 :論文「伝統と近代のはざまでー美術史家カール・ヴィートの日本滞在と『日本の仏教彫刻』」『超域18号』2013年

 

 

   第37回ジャポニスム学会賞、第4回ジャポニスム学会奨励賞 募集要項

 

1.対象業績
本学会の正会員(学会賞担当理事を除く)および学生会員によるジャポニスム研究に寄与する次の業績。日英仏語で刊行された著作、論文、翻訳(展覧会図録、紀要掲載のものを含む)および展覧会企画等。応募はひとり一業績につき一回に限る。賛助会員については、正会員資格をもつ個人に限る。なお、奨励賞は新進の研究者の業績を対象とする。
2.対象期間
2014年4月1日~2016年3月31日

3.募集方法
正会員および学生会員による自薦ないし他薦。所定の推薦書用紙に、必要事項を記入し、推薦者の署名・捺印の上、原則として業績の現物またはコピ-を添えて、指定日までに学会事務局へご郵送ください。なお、自薦の場合は、審査用の2部を別に添えてください。一人で複数の推薦はできません。
推薦用紙は学会ホームページからダウンロードすることもできます。記入、署名、捺印のうえ、事務局へご郵送ください(メールでは受け付けておりません)。

4.締切り 
2016年5月末日 学会事務局必着

5.選考方法 
学会賞選考委員会にて審査し、理事会(2015年9月予定)にて受賞者を決定します。

6.賞 
受賞者には本賞および副賞として10万円、奨励賞の受賞者には本賞および副賞として5万円を贈呈します。

7.お問い合わせ/応募書類送付先

ジャポニスム学会事務局
〒160-0007 東京都新宿区荒木町5-14 ネオ荒木町ビル2F (株)ワールドミーティング内
TEL: 03-3350-0363 FAX:03-3341-1830 Email: japonisme@world-meeting.co.jp

 

 


「展覧会賞にかかわる内規」(pdf)